道新幹線新函館北斗―札幌間トンネル掘削率は65%

2023年07月17日 08時00分

23年7月1日現在

 鉄道・運輸機構が進める北海道新幹線新函館北斗―札幌間整備のトンネル工事進捗状況(1日現在)が分かった。総延長16万8926mの65.6%に当たる11万869mの掘削を完了。主なトンネルの掘削率では、立岩トンネルルコツ工区が100%に達したほか、磐石トンネル北工区が7割、内浦トンネル東川工区が4割を超えた。

 発注済みの工事は56工区で、掘削完了が11工区、本坑掘削中が29工区、明かり工事施工中が7工区、準備中が9工区という内訳だ。

 掘削率を見ると、主なものでは立岩トンネルルコツ工区が100%、磐石トンネル北工区が70%、内浦トンネル東川工区が40%に到達。明かり工事では、花岡高架橋と札幌車両基地高架橋が新たに準備中となっている。

 この記事は北海道建設新聞2023年7月13日付4面に掲載したものを、WEB掲載用に抜粋しています。

 全文では各トンネルの工区別進捗率、施工延長をまとめたデータを箇所付けで掲載。e-kensinプラスの記事検索コーナーで公開しています。


関連キーワード: トンネル 北海道新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,395)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,343)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,322)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,315)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,032)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。