ソフトバンク、苫東柏原にデータセンター 事業費は数百億円規模

2023年10月19日 19時02分

受電容量は道内最大級の30万kw

 ソフトバンク(本社・東京)が苫小牧市内で大規模データセンター(DC)の新設を計画していることが19日、分かった。場所は苫東工業団地の臨空柏原地区北ブロックで造成済みの分譲地10㌶に整備する。受電容量は30万kw。道内最大級となる。王子グループが千歳市内に保有する水力発電所の再生可能エネルギー由来電力を使って、「グリーンDC」を目指すもようだ。

大規模データセンター新設を計画する苫東柏原地区の分譲地

 複数の関係者によると、13日に締め切られた経済産業省の補助金に応募した。2026年度末までに整備する。完全子会社のIDCフロンティア(本社・東京)が事業主体とみられる。

 補助上限額は建築費やサーバー類を含めて300億円で、総事業費は数百億円規模になる。学識者らによる委員会で今後審査し、採択の可否を11月上旬に発表する。

 苫小牧はアルテリアネットワークス(本社・東京)などが計画する海底通信ケーブルの陸揚げ地に最有力視される。ケーブルは26年内に運用開始予定。DC新設地周辺も未分譲用地が10㌶以上あるため、周辺は大規模DCの一大集積拠点となる可能性がある。

 ソフトバンクは長期ビジョンで東京圏と大阪圏に次いで、北海道と九州での中核DC立地構想を掲げている。


関連キーワード: データセンター 新設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,719)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,204)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (831)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。