国立病院旭川医療センターが外来棟を建て替え-11月に入札

2015年01月19日 19時08分

 国立病院機構旭川医療センターは、外来管理診療棟建て替えを11月に主体、電気、管の3分割で一般競争入札する考えだ。参加要件などを固め、8月ごろに入札手続きを開始する見通し。新棟の供用開始は2018年2月、既存棟解体や外構整備を含む全体の完成は同12月をそれぞれ予定している。

 旭川市花咲町7丁目4048の敷地内で、病棟の北側に外来管理診療棟を新築する。規模は、外来管理診療新棟が4階、延べ1万3156m²。構造はRCかSRC造で検討している。継続して利用する既存棟の改修面積は597m²。さらに受水槽(延べ120m²)新設や既存施設解体と後処理、外構整備を施す。

 岩見田設計に依頼している基本設計を月内に終え、引き続き6月の完了をめどに実施設計を進める。

 同センターは、北海道内の結核を含む呼吸器系疾患を対象とした基幹医療施設。先駆的な高度医療の普及、研究、教育、情報発信の役割を担う。このほか神経・筋疾患の専門医療施設、エイズの拠点病院としての治療体制を備えている。

 外来管理診療棟は築40年以上が経過し、老朽化が課題。新棟に隣接する病棟(RC造、6階、延べ1万170m²、310床)は10年7月に改築を終えている。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.4k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。