北海道がんセンターが建て替えの設計・監理を公募型プロポで選定へ

2015年01月21日 19時15分

 国立病院機構北海道がんセンター(札幌市白石区菊水4条2丁目3の54、近藤啓史院長)は、同センターの現地建て替えに向け、基本実施設計・工事監理の事業者を公募型プロポーザルで選定する考えだ。今後、開催予定の選定委員会で発注時期などを詰める。契約時期は2015年度第1四半期となる見通し。

 北海道がんセンターは1999年の国立病院再編見直しに伴い、道内のがん基幹施設として位置付けられ、がん分野における診療・研究・教育研修・情報発信で先端的な役割を担っている。

 現センターは、敷地面積1万5633m²、建物延べ3万5614m²の規模で、病床数は一般520床を構える。

 築後30年以上が経過し、駐車場も手狭なことから改築を計画。市道を挟んで南西側隣接地(約3300m²)を取得できたため、地下鉄菊水駅が近く利便性の良い現在地で建て替えることにした。

 整備スケジュールは未定だが、「スピード感を持って進めたい」(がんセンター)としている。施工業者は入札で決める方針だ。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,363)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,254)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,356)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,293)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。