マックスバリュが苫小牧市弥生町のショッピングセンター出店を届け出

2015年01月23日 19時27分

 マックスバリュ北海道(札幌市中央区北8条西21丁目1の10、出戸信成社長)は、同社のスーパーやドラッグストアなどで構成する苫小牧弥生町ショッピングセンター新設の出店計画を大店立地法に基づき、道に届け出た。9月中旬のオープンを予定する。

 23日に告示された届け出によると、いずれもS造、平屋建てで、マックスバリュの店舗棟が延べ2913m²(売り場面積2169m²)、サッポロドラッグストアー(本社・札幌)の店舗棟が延べ1082m²(同913m²)、眼鏡販売のムラタ(本社・同)の店舗棟が延べ141m²(同140m²)の規模。これらのほかに、もう1社が店舗を出す見込み。

 駐車場は全体で169台分、駐輪場は60台分をそれぞれ用意する。設計はCITY REAL ESTATEが担当した。

 建設地は苫小牧市弥生町1丁目14の1の旧弥生中跡地。新設道路を挟んで北側では、ホーマック(本社・札幌)の苫小牧弥生店新築が控えている。


関連キーワード: 企業 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (11.9k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.8k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.3k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第198回は「お正月のお酒」。休息や水分の補給を充分にとりながら、お家でゆっくり楽しみましょう。