マックスバリュが苫小牧市弥生町のショッピングセンター出店を届け出

2015年01月23日 19時27分

 マックスバリュ北海道(札幌市中央区北8条西21丁目1の10、出戸信成社長)は、同社のスーパーやドラッグストアなどで構成する苫小牧弥生町ショッピングセンター新設の出店計画を大店立地法に基づき、道に届け出た。9月中旬のオープンを予定する。

 23日に告示された届け出によると、いずれもS造、平屋建てで、マックスバリュの店舗棟が延べ2913m²(売り場面積2169m²)、サッポロドラッグストアー(本社・札幌)の店舗棟が延べ1082m²(同913m²)、眼鏡販売のムラタ(本社・同)の店舗棟が延べ141m²(同140m²)の規模。これらのほかに、もう1社が店舗を出す見込み。

 駐車場は全体で169台分、駐輪場は60台分をそれぞれ用意する。設計はCITY REAL ESTATEが担当した。

 建設地は苫小牧市弥生町1丁目14の1の旧弥生中跡地。新設道路を挟んで北側では、ホーマック(本社・札幌)の苫小牧弥生店新築が控えている。


関連キーワード: 企業 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,239)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,076)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,616)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,386)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,024)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。