日銀札幌支店が2月の景気判断も据え置き-公共工事は「減少」

2015年02月19日 19時20分

 日銀札幌支店は19日、2月の金融経済概況を発表し、道内景気の全体感を前月と同じ「一部に弱めの動きがみられるものの、緩やかに回復している」と判断した。建設向け鉄鋼需要の減少を受け、生産のみ判断を引き下げた。

 全体感の判断据え置きは2カ月連続。公共工事は、前月の「足もとでは減少している」から「減少している」に表現を変えたものの、判断自体は据え置いた。道内の公共工事請負金額が2014年12月、15年1月と2カ月続けて前年同月を上回っているため、「足もとでは」の表現を削除した。

 住宅投資は前月同様「減少している」とした。依然として消費税増税前の駆け込み需要の反動で持ち家の需要が伸び悩んでいること、建設コスト上昇で分譲マンションの新規建設を控える動きがあることなどをその理由としている。

 生産については、高水準での推移が続いているものの、建設向け鉄鋼需要が減少したことから「一部で弱めの動きがみられる」として判断を引き下げた。生産の判断引き下げは昨年11月以来3カ月ぶりとなる。

 記者会見で曽我野秀彦支店長は生産の落ち込みについて「今から2カ月程度の一時的なものである」とし、公共工事発注が増えてくる春以降徐々に回復すると説明。先行きについては「原油安の影響がどれだけ経済にプラスに働くか注目される」と述べた。


関連キーワード: さっぽろ圏 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,139)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,113)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,702)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,468)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。