道中央労災病院が建て替えの基本構想策定を4月にも公告

2015年03月12日 19時16分

 労働者健康福祉機構北海道中央労災病院(岩見沢市4条東16丁目5、宮本顕二院長)は、同病院建て替えに伴う基本構想策定と耐震診断の一般競争を4月に公告する考えだ。耐震診断には岩見沢市からの補助金を活用するため、分割にする可能性がある。

 当初計画では、2014年度に基本構想を策定する予定だったが、ソフト面だけでなくハード面の対応を求める医療介護総合確保推進法の成立を受け、「設計業者と契約し、アドバイスをもらいながら15年度に構想を策定する」(同病院)ことにした。

 16年度は基本構想を機構本部に提出して内容を調整した後、基本・実施設計に着手。分割する場合はそれぞれ1年を要する見通し。工期は3カ年を想定しているが、ほかの労災病院の工事もあるため、着工時期は決まっていないという。

 岩見沢市4条東16丁目5にある現在の病院はRC造、地下1地上6階、延べ2万4123m²の規模で、西、東、外来診療の3棟に分かれる。建て替えは駐車場として使用している敷地を活用。人口減少を見据え、ベッド数は現在の312床よりも少なくする方針だ。

 建て替えに併せ、敷地内にバスのロータリーを設ける。高齢者などの負担を軽減するためで、正門のバス停から玄関まで歩いている現況を改善する。

 市の要請で実施する耐震診断は、1955年に建てられた旧耐震基準の西棟(RC造、6階、延べ6973m²)が対象となる。


関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,507)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,451)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。