札幌市が東雁来の土地区画整理保留地6.2ha売却を公告

2015年04月01日 19時50分

 札幌市都市局は、東雁来第2土地区画整理事業に伴う保留地のうち、面積が約6・1haに上る大規模な区画を売却する。分譲価格は19億円超。特別工業地区の指定を受けているため、工場や店舗などの建設用地となる。

 対象は、東区東雁来13条3丁目1にある6万1609・75m²の土地で、分譲価格は19億3454万6000円。1平方当たりの単価は3万1400円となる。1日付で公告した。

 用途地域は容積率200%、建ぺい率60%の準工業地域だが、特別工業地区の指定も受けており、工場や車庫、倉庫のほかは、床面積500m²以下の店舗・飲食店が建設できる。

 下水道や道路の整備、盛り土撤去といった工事が残っているため、これらの工事に関わる箇所では、最長で16年度末まで施設建設などができない場合がある。

 同局担当者によると、16年度以降に分譲する土地の区画数などは未定。大規模な保留地売却は今回が最後となる可能性もあるという。

 応募は7月1―9日で受け付ける。1者を超える応募があった場合は同15日に公開抽選会を実施することにしている。契約は9月2日を予定。申込書付きの募集要項は市街地整備部で7月9日まで配布中。問い合わせは電話、011(211)2721へ。

 このほか15年度は同事業区域内にある準工業地域のうち、東雁来7条2丁目の1569m²を約4440万円、東雁来8条3丁目の4444m²を約1億4620万円で売却する。この2区画は、ウェルピアひかりのの宅地分譲と連動して進める。

 同事業に関する過去の大規模保留地分譲では、13年度に東雁来8条3丁目の5・1haを売却。このときは2者の応募があり、抽選で日本郵政グループの日本郵便(本社・東京)が購入した。同社は大規模な郵便施設「メガ物流局」を建設する予定となっている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。