道縦貫道七飯-大沼間に初の工事費-オオヌマトンネルは詳細設計

2015年04月13日 19時28分

 北海道縦貫自動車道の七飯―大沼間10㌔に、事業化から10年の歳月を経て初めて工事費が計上された。函館開建は、大沼公園IC側の地盤改良500mを2工区に分け、6月に一般競争入札する見通し。延長7㌔に及ぶオオヌマトンネルでは、2016年度以降の掘削開始を見据え詳細設計に着手する。全体の工事費は730億円程度を見込んでいる。

 七飯町仁山の仮称・七飯ICから森町赤井川の大沼公園ICまでの同区間は、05年度に事業化。車道7m、路肩各2・5mの全幅12m、暫定2車線で計画している。区間内では延長7093mのオオヌマトンネルをはじめ、橋梁3基で計87m、IC2カ所など構造物の整備が中心となる。

 再評価資料によると総事業費は914億円、工事費は改良53億円、橋梁20億円、トンネル641億円、IC3億円、舗装6億円、付帯施設8億円という内訳。23年度の事業完了を目標としている。

 用地取得の進ちょく率は、既に70%を超えた。15年度は、前年度当初比2・3倍に上る事業費7億円を配分。工事は大沼と赤井川の地盤改良2件、業務はトンネル、道道と接続させる七飯ランプ橋、宿野辺川橋、久根別川橋の詳細設計など8件を予定し、いずれも6月までに入札する。

 簡易公募型プロポーザルとなるトンネル設計は、酸性水や重金属を含んだ土砂の発生など複雑な地質条件を踏まえて詳細を固める。


関連キーワード: トンネル 土木 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。