6期ぶりに業況改善、景気判断も上方修正-日銀札幌6月短観

2015年07月01日 19時27分

 日銀札幌支店が1日発表した6月の道内企業短期経済観測調査(短観)は、全産業の業況を表すDIが3月の前回調査を4ポイント上回るプラス4となり、6期ぶりに改善した。同時に発表した6月の金融経済概況は、道内景気を「緩やかに回復している」と判断し、1年半ぶりに上方修正した。

 公共投資減少の影響が見られるものの、訪日外国人(インバウンド)が増加し、個人消費も堅調に推移していることからプラス評価とした。製造業のDIは前回調査比7ポイント上昇のプラス11、非製造業は3ポイント上昇のプラス1となった。製造業では窯業・土石製品と輸送用機械、非製造業では建設、情報通信を除く全ての業種のDIが回復した。

 来期(9月)のDIは、全産業で2ポイント低下のプラス2と小幅悪化を見込む。記者会見で杉本芳浩支店長は「公共投資の先行きや、商品価格引き上げがどこまで進むかという点に注目したい」と述べた。

 6月の金融経済概況は、道内景気判断を1年半ぶりに上方修正。個別の項目では住宅投資と生産をそれぞれ引き上げた。

 住宅投資は「下げ止まっている」、生産は「堅調な海外需要を背景に、増加している」と判断。住宅投資に関しては、分譲マンションの建設コスト上昇が一服し、新規投資を抑制する動きが和らいでいるとしている。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,559)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,482)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,151)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。