室蘭市が環境科学館整備へ年度内に基本計画-PFIも視野

2015年08月18日 19時19分

 室蘭市は、青少年科学館と市立図書館を合築して整備する仮称・環境科学館の基本計画を、2015年度中に策定する。現段階では延べ4000―5000m²、総事業費に20億―23億円を試算。構造や階層、機能やコンセプトといった詳細は基本計画で固める。20年度の完成が目標。整備に当たってはPFI方式の導入も視野に入れている。

 本町2丁目2の1の青少年科学館は1963年の完成で、同種施設としては道内で最も古い。規模はRC造、地下1地上3階、延べ2555m²。利用者は年間約4万人だが、暖房ボイラなど設備の老朽化に加え、収納スペース不足にも悩まされている。

 隣接地の本町2丁目2の5にある市立図書館は、58年に竣工した。規模はRC造、地下1地上3階、延べ1602m²。年間利用者は7万人程度に上るが、増加する蔵書に対して閲覧・収納スペースが足りず、経年劣化による雨漏りも発生している。

 いずれも11年度の耐震診断では、Is値(構造耐震指標)が0・3未満と低いことが判明。そこで、ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物受け入れに伴う国の交付金を整備財源に充て、改築することにした。

 スペースや設備の共有化を通じたコスト削減を狙い、両施設の合築を検討。エネルギーや低炭素社会など環境をテーマにした環境科学館として整備することを決めた。

 現段階では、両館を合わせた敷地6414m²と、今後解体を予定している市保健福祉部分庁舎の敷地1429m²を活用する見通し。隣接する蘭西下水ポンプ場には手を付けない方針だが、敷地が不足する場合は職員駐車場など6524m²も使用する考え。

 市は合築するに当たり、施設整備の考え方や事業費、整備スケジュールを固めるため、石本建築設計に基本計画策定を委託。この中に市民意見や要望をより多く反映させるため、ワークショップや専門家による整備検討会議、関係団体との意見交換会を開くほか、利用者を対象としたアンケートを実施することにしている。

 直営方式で整備する場合は16年度基本設計、17年度実施設計、18―19年度施工というスケジュールを描いている。ただ、今後の検討の中でPFI方式の導入が決まった場合、スケジュールが変動する可能性もある。


関連キーワード: 市町村行政 建築 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,368)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,306)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,143)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,944)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,616)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。