厚真町が役場庁舎改築の検討を本格化-年度内に方向性

2015年10月05日 19時30分

 厚真町は、老朽解消や耐震強度確保の必要性から計画する役場庁舎建て替えについて、庁内検討を活発化させている。改築に当たっては、役場以外の機能を盛り込むなど複合化が基本。2016年度からの次期総合計画に反映させるため、15年度内に建設時期や場所、盛り込む機能など一定の方向性を打ち出す考えだ。

 京町120にある現庁舎は1953年の建設。本庁舎はRC造、2階、延べ836m²、渡り廊下で連絡する別館はS造、平屋、延べ542m²の規模がある。

 老朽化、狭あい化が進んでいるほか、05年度の耐震診断では耐震強度の低さが確認されている。建物の構造上、耐震補強はできない状況にあることから、改築に向けて検討を続けてきた。

 これまでの議論の中では、現在地周辺で複合として建設するという方向性が示されている。役場周辺にあり、同じく老朽化が進む総合福祉センターや、児童会館が機能統合の候補。

 また、福祉関連の部署が総合ケアセンターゆくりに、教育委員会が青少年センターに入居するなど役場機能が分散しているため、それらを集約するとなると、最低でも2000m²は必要とみられている。

 まちの規模から、事業費は10億円を1つの目安としている。96年度から積み上げてきた改築基金は14年度末で約3億2000万円に上る。

 これまでも改築の方針は持ちつつ、財政事情から先送りしてきた経緯がある。現在も18年3月の完成を予定する厚幌ダム関連の大型事業が進行中で、20年度には28億円に上る国営農業事業の支払いが控えている。このため、事業着手は次期総合計画の後半(21―25年度)となる見込みだ。


関連キーワード: 市町村行政 建築 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,937)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,165)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,052)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,929)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,559)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。