釧路北大通地区開発の業務代行者決まる-マンションや老人ホーム建設

2015年11月10日 19時28分

 アルファコート釧路北大通3・4丁目地区開発(札幌市中央区南1条西7丁目1の3、川村裕二社長)は、釧路市北大通3・4丁目地区優良建築物等整備事業の特定業務代行者を宮坂建設工業・新太平洋建設・宮脇土建・総合住研共同体に決定した。近く基本協定書を締結し実施設計の契約を交わす。

 2グループが応募したが、1グループは技術提案書がまとまらなかったため、1グループのみを審査。9日に行った外部の識者らを含めた選定委員会の審査報告を受け、個人施行者であるアルファコート釧路北大通3・4丁目地区開発が特定業務代行者を決めた。

 業務内容は、施設新築の実施設計や既存建物の解体・除去、施設新築のほか、未処分保留床の引き取り義務を負い、施行者が必要とする事業資金調達の支援、テナント誘致活動、補助金対応などの地方公共団体との協議、施設建築物の長期修繕策定の支援など、事業推進に必要な業務全般を担う。

 新築は、3丁目の分譲マンション棟がRC造、13階、延べ7147m²の規模で、1階に商業施設、2―13階に分譲マンションなどを設置。4丁目の有料老人ホーム棟はRC一部S造、6階、延べ5062m²の規模で、1階に商業施設、2階に医療モール、3―6階に有料老人ホームなどを配置する。解体は23棟で延べ1万7929m²となっている。

 業務期間は実施設計が契約締結から16年3月5日まで、解体が同4月から17年1月末まで、施設新築が17年2月から18年6月までとなっている。総事業費には43億円を見込んでいる。


関連キーワード: マンション 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,119)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,476)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,251)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,889)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,248)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。