真駒内競技場は建て替え-冬季五輪招致で札幌市が施設配置案

2015年12月10日 19時08分

 札幌市は2026年大会の招致を目指す冬季五輪・パラリンピックで、施設配置計画の候補地検討案をまとめた。選手村、メディアセンターなどの非競技施設は開閉会式会場とする札幌ドーム周辺を想定。大会後はスポーツパークや商業施設などに利活用する考え。競技施設は真駒内屋内・屋外競技場や月寒体育館を建て替えるとともに、スピードスケート競技場などを札幌ドーム周辺に新設する構想もある。

 主な競技会場として、スキー・スノーボードのうちアルペンはニセコと富良野を想定。フリースタイルは札幌国際、テイネ、ばんけい、藻岩山、Fu(藤野)の5カ所を盛り込んだ。クロスカントリーは既存の白旗山、ジャンプのラージヒルも既存の大倉山、ノーマルヒルは宮の森のほか大倉山への新設も候補とした。ノルディック複合は円山競技場と白旗山で検討している。

 スケートでは、完成から40年以上が経過した真駒内屋外・屋内を建て替える。このうちスピードスケートについては、札幌ドーム周辺への新設と、帯広の明治北海道十勝オーバル利用も候補に浮上。札幌ドーム周辺は選手村などが近く機能連携で相乗効果が期待できるが、建設費がかさむ。帯広は既存リンクを活用できるものの距離が離れているのが難点だ。

 非競技施設の選手村は土地13万4000m²、建物12万3000m²を想定。大会後はメディアセンター、メディア村とともにスポーツパークや宿泊施設、住宅、商業施設などに転用することを見込んでいる。

 今後は来年3月までに開催概要計画を策定し、16年夏をめどに日本オリンピック委員会(JOC)へ提出する予定だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,104)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,141)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,580)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,110)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。