JR日高線の15年9月台風被害復旧費は8億円を試算

2016年01月14日 19時01分

 JR北海道は14日、昨年9月に発生した台風の高波で追加被災したJR日高線豊郷―清畠間、厚賀―大狩部間の2カ所の復旧工事費に総額約8億円が必要になるとの算定結果を発表した。今後、この結果を3者検討会に報告し、昨年1月の同線被災箇所の復旧工事費30億円を含めた財源負担の在り方、事業手法の検討を進めるとしている。

 豊郷―清畠間58㌔925m付近は対策延長350mで、工事費約6億円を見込む。既存鋼矢板式護岸の一部倒壊などから、海側に護岸壁を新設し、消波ブロックを設ける。流出した盛り土の復旧を行い、高波被害を食い止めるため、法面に籠マットを設置する。

 これらの対策に加え、同社では豊郷―清畠間について、海岸浸食対策として離岸堤の構築が必要になると考えており、島田修社長は「行政に離岸堤設置の検討を求めていく」との認識を示した。

 厚賀―大狩部間67㌔975m付近では、路盤流出や排水設備の破損、護岸壁倒壊の被害を受けたため、工事費約2億円を充て、延長70mにわたり、護岸壁新設や消波ブロック設置、流出した盛り土の復旧、法面の籠マット設置を進める。

 14日の定例会見で島田社長は、昨年12月に初会合が開かれた日高線沿線自治体協議会に触れ、「地元との合意形成が図られないと、復旧には着手できないと考えている。鉄道維持やどういう仕組みにすべきかを話し合いながら、できるだけ早く結論を出したい」と話した。


関連キーワード: 災害 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,764)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,633)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,329)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,009)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,919)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。