函館市が市民会館耐震化で改修、新築比較案提示-特例債活用可否に差も

2016年07月08日 19時22分

 函館市教育委員会は、2017年度の着工を目指している市民会館の耐震改修について、現地で建て替えた場合との比較検討資料をまとめた。新築の場合、完成は7年後の23年3月で、合併特例債を充当できないため事業費85億円の大半を市が負担することになると、否定的な見解を示している。

 市教委は14年度に実施した耐震診断結果を踏まえ、市民会館耐震化の方針を決定。しかし新築に対する市民の意見も根強く、市議会総務常任委員会からは、新築した場合の想定スケジュールや事業費の提示を求められていた。

 それによると、仮に現地で建て替える場合、基本的な考え方の整理や整備基本計画、基本設計、実施設計、施設解体で各1年、工事には21年度から2カ年を要し、23年7月開館との想定スケジュールを描いている。

 一方、耐震・設備改修に加え、バリアフリー化などを施す場合は、9月補正で実施設計費、17年9月補正で工事費をそれぞれ計上し、同12月議会での承認を経て着工、2カ年での施工と見込み、開館は20年4月で約3年早いとした。

 合併特例債を活用できるかどうかも大きい。事業費には新築で約85億円、耐震化で約35億円を想定するが、耐震化の工事完了は20年1月で特例債の発行期限である19年度に間に合う見込み。だが期限内の完了が不可能な新築の場合は市の実質負担額が約84億円に上り、耐震化の約11億4000万円と大きく差がつく。

 耐震化の場合、改修後20年間に屋上防水や設備更新などで1億2300万円掛かり、維持管理費も新築以上に要する見通しだが、それを差し引いても「新築の場合、市の財政負担は大きい」(市教委生涯学習文化課)としている。


関連キーワード: 建築 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,964)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,168)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,068)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,945)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,578)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。