CREが千歳臨空団地隣接地に大型物流施設-4月着工

2017年02月01日 19時13分

 物流不動産の管理運営を手掛けるシーアールイー(東京都港区虎ノ門2丁目10の1、山下修平社長)は千歳市泉沢の土地を取得し、物流施設の「ロジスクエア千歳」の開発に着手した。規模は延べ約2万1000m²で計画し、4月上旬の着工を予定している。

 施設の老朽化に対応した物流ニーズが道内で見込まれることや、従来の1次産品の生産地として物流施設のニーズがあること、アジア諸国を中心に北海道の生鮮品・加工食品の認知度が向上していることなどから、千歳での物流施設開発を決めた。

 ロジスクエア千歳はS造、平屋、延べ2万885m²の規模を想定。高床の平屋建てとし、東西両面に計64台の大型車両が同時に接車可能なトラックバースを配置する。

 敷地内車両動線は出入り口を分けたワンウェイとし、さらに敷地内に大型車両80台以上の待機スペースを確保することにより、効率的な入出庫オペレーションを実現する。

 加えて、階層を平屋建てとすることで、多層階施設に比べ、取り扱う商品の上下階層間搬送に伴う時間的なロスをなくし、スピーディーな入出庫オペレーションの実現を可能とした汎用(はんよう)性の高い施設となる。

 このほか、寒冷地仕様として、ロードヒーティングや樋ダクトヒーターなどの凍結防止用設備の導入、断熱性の高いサンドイッチパネルや樹脂サッシの採用を予定し、敷地内には広大な堆雪スペースを確保する計画。省エネや事業継続計画(BCP)にも配慮する。

 建設地は千歳臨空工業団地に隣接し、道央自動車道新千歳空港インターチェンジに近い場所。敷地は4万9599m²の広さがある。ロジスクエア千歳は既にテナント企業が確定しており、当該企業の専用センターとして、2018年1月下旬の完成を目指している。

 シーアールイーは、16年10月末時点で物流不動産を中心に約1490物件、約400万m²の不動産の管理運営を行っている。現在、千歳を含め物流施設8物件を開発中で、テナント企業が求めるニーズを的確に捉え、機能性と汎用性を兼ね備えた物流施設造りを推進する考えだ。


関連キーワード: 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,588)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,481)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,139)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。