旭川大学が公立化に向け施設を耐震化-短大は6月着工

2017年04月11日 19時20分

 学校法人旭川大学(旭川市永山3条23丁目1の9、山内亮史理事長)の大学と短大施設の耐震改修計画が11日、明らかになった。6月着工を見込む短大校舎を皮切りに、現行の耐震基準を満たしていない施設の改修や診断を順次実施する計画だ。

 2013年から公立大学の設置検討を進めている旭川市に対して同大は18年、市立化を要望。市は公立化に向けて①大学、短大とその他の教育部門の法人分離②学部、学科の見直し③耐震化の実施④ものづくり系学部の設置―の4条件を求めていた。

 これに対し同大は3月31日、西川将人旭川市長に回答を提出し、この中で耐震改修計画も提示。市は11日の「旭川大学の市立化等調査特別委員会」にその内容を報告した。

 計画によると、耐震改修は正課授業を行う施設を優先し、建築年度の古いものから順次実施する方針。第1弾として短大校舎の改修を6月にも始めたい考えだ。1964年に完成した同校舎は13年度に実施した耐震診断で改修が必要とされていた。総工費は3億5000万円を見込んでおり、文部科学省の私立学校施設整備費補助金も申請済み。設計など詳細は補助金交付決定を待って明らかにする。

 18年度には15年度の診断で改修が必要と判断された大学校舎の耐震改修を計画。20年度には第1体育館の耐震診断を実施する予定で、「診断結果によっては21年度に耐震改修を行うことが考えられる」としている。

 講堂や第2体育館の耐震診断も22年度以降に予定している。これらの建物を改修するかどうかは、今後の使用見込みや老朽化の現状、改修コストなどから建物の存廃も含めて総合的に判断する。


関連キーワード: 学校 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,094)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。