旭大公立化_まちづくりの行方

 旭川大学公立化を2023年4月に控え、市内の不動産業者が反応している。増加傾向にある学生の賃貸アパート需要をにらみ、大学がある永山地区で物件の購入やリフォームをする動きが出始めた。

 25年には定員100人規模の仮称・地域創造デザイン学部が入る分校舎が開設される予定だ。市は中心部か現キャンパス内での設置を検討中で、議論の行方が注目されている。

(この連載は経済産業部の及川由華、武山勝宣、旭川支社の松藤岳、千葉有羽太記者が担当しました)

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,285)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,577)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,532)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,420)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,064)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。