9棟構成の商業施設に-大和リースが月寒ドーム跡地の構想を発表

2017年07月12日 07時00分

 大和リース(大阪市中央区農人橋2丁目1の36、森田俊作社長)は11日、札幌市豊平区の旧道立産業共進会場(月寒グリーンドーム)の敷地4万4172m²で開発する複合商業施設の概要を明らかにした。スーパーマーケットやフィットネスクラブ、クリニックモールなど計9棟、延べ1万4535m²の施設を、緑豊かな芝生や公園に囲まれるように配置する構想。設計者や施工者の選定を進めながら計画を固め、2019年夏のオープンを目指す。

 同社は、道農政部が実施した敷地売却の公募型プロポーザルで、事業者に選定された。売却予定価格は道が設定した最低価格の約3倍に当たる22億7154万円。公募には同社のほか1者が参加した。

 2棟から成る生活利便施設ゾーンは、スーパーマーケットやドラッグストア、雑貨用品店を誘致。健康増進ゾーンも2棟で構成し、フィットネスクラブやクリニックモールを設置するほか、敷地内の公園・緑地や地域の河川空間を活用し、ヨガやウオーキングなどを実施する「アウトドアフィットネス」の定期開催を考えている。

 新たなビジネスへの挑戦をサポートするチャレンジショップや子育て世代の就労支援施設も新設。敷地内には公園や芝生広場、遊歩道を整備し、地域のイベント開催や日常のウオーキングなどで使える交流の場を提供する。駐車場は400台分を見込む。

 建設地は札幌市豊平区月寒東3条11丁目21の5。隣接する札幌市への売却予定地は、北海道日本ハムファイターズ新球場や冬季五輪メインメディアセンターの候補地にもなっているが、今回の構想について同社は「プロポーザル時の独自の提案内容」としている。


関連キーワード: 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,363)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (12,254)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,356)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,293)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,157)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。