プロジェクターで交通規制表示をトンネル天井に-暗さ逆手に効果

2017年07月19日 19時15分

 「工事中」「スピードダウン」「徐行」、薄暗いトンネル天井に浮かぶ大きな文字―。南区定山渓で橋梁補修工事を請け負う北土建設(本社・札幌市中央区)は、プロジェクターを使った規制表示でドライバーへの注意喚起を促している。

 現場は札幌市発注の樹海橋ほか1橋補修。作業中は片側交互通行を実施しているが、現場がちょうど白井トンネル(約800m)と神威トンネル(約120m)に挟まれていて、安全性を確保するにはトンネル内での規制が必要だった。

 ただ、通常の規制表示では見えにくいため、トンネルの暗さを利用しプロジェクターで天井に文字を映し出すことを考案。これなら文字が大きく表示され、注意喚起に高い効果が見込める。

 現場所長の大津志胤さんは、定山渓側の白井トンネルが直線の上り坂のため「アクセルを踏んでスピードを出す車が多く、追突事故が発生しかねないと思った」と導入経緯を説明。大きく見やすいことから、関係者からも好評を得ている。

 このほか同様のプロジェクターを使った取り組みとして、停車位置のトンネル側面に工事内容を映し出し、PRにも活用している。


関連キーワード: 企業 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,351)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。