日勝峠が10月末開通へ-被災66カ所、復旧工事順調に進む

2017年08月22日 19時09分

 北海道開発局と東日本高速道路北海道支社は22日、昨年8月の台風災害で被害を受け通行止めが続いている274号日勝峠日高町千栄から清水町清水までの36・1㌔区間について、10月末に通行止めを解除すると発表した。現場を請け負う建設業者らの尽力で復旧工事が順調に進捗(しんちょく)。道央と道東をつなぐ大動脈は予定通り秋開通のめどが立った。

 台風襲来以降、日勝峠は橋の落下や道路本体の欠損など66カ所が被災。道央と道東が寸断された状態が続いている。

 通行止めから間もなく1年を迎える中、日高、十勝側とも復旧工事は順調に進む。被害の大きかった清水側7合目は幅14m、延長233mにわたって崩れ落ちたが、60m下から9万1000m³積み上げる盛り土が概成するなど、通行再開が着実に近づいている。今後の天候次第で変わる可能性はあるものの、10月末までには通行止めを解除できる見込みだ。

 また、台風後いち早く復旧した道東自動車道は、道央と道東を結ぶ唯一の輸送ルートとして占冠IC―十勝清水IC間で代替路(無料)機能を発揮している。

 国内シェア4割を占める十勝産ジャガイモや、道東産サンマなど農水畜産物を全国へ輸送。地域医療を支え、観光への影響を最小限に抑えるなど高いストック効果を上げた。


関連キーワード: 災害 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 日本仮設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。