明日を支える2018

 いまから65年前、ブロック指導所、そして北海道立寒地建築研究所としてスタートした北方建築総合研究所は、2010年に22の道立試験研究機関とともに独立行政法人化。北海道立総合研究機構(正式略称 道総研)建築研究本部として生まれ変わり、この間、技術開発、政策研究、そして第三者評価などを通じて、北海道・我が国の寒冷地建築とまちづくりに長く貢献しています。

 北海道建設新聞では、昨年10月から今年3月まで、10回にわたって同機構が最近取り組んでいる研究や活動の一端を紹介しました。その内容については、e-kensinでも「明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告」にてご覧いただけます。

 ことしも引き続き、同機構の新しい研究成果や、取り組んでいきたい課題について、寄稿により紹介します。(連載期間 2018年6月-連載中)

掲載紙面

①企画調整部企画課
 6月6日に旭川で成果報告会 3部構成の内容を紹介(掲載:2018年6月1日)

②北総研建築研究部建築システムグループ研究職員 阿部 佑平
 木質バイオエネ技術の開発(掲載:2018年6月15日)

③建築性能試験センター長 倉増 英樹
 センター立ち上げ判定や試験(掲載:2018年6月29日)

④北総研地域研究部環境防災グループ主査 竹内 慎一
 市町村の防災計画策定(掲載:2018年7月13日)

⑤北総研地域研究部地域システムグループ研究職員 岡村 篤
 小規模市町村の生活交通(掲載:2018年7月27日)

⑥北総研地域研究部地域システムグループ主査 牛島 健
 地域自律型の水インフラ(掲載:2018年8月10日)

⑦企画調整部企画課長 広田 誠一
 ロシアの戸建て・共住実態(掲載:2018年8月24日)

⑧北総研地域研究部地域システムグループ主査 高倉 政寛
 良質な賃貸住宅ストックを(掲載:2018年9月11日)

⑨企画調整部企画課
 ことしも「まちづくり塾」(掲載:2018年9月21日)

  • 北海道認定リサイクル製品
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,711)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,129)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,518)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。