道内35市の住宅着工、6月は1.2%減-札幌市が4.4%ダウン

2017年08月28日 19時10分

 2017年6月の道内35市新設住宅着工戸数は、前年同月比1.2%減の2914戸だった。貸家と分譲住宅が前年を下回ったものの、給与住宅が4・9倍と大幅に増加したことが影響し、微減にとどまった。

 利用関係別の内訳は、持ち家が6%増の951戸、貸家が7.1%減の1707戸、給与住宅が4・9倍の98戸、分譲住宅が18.6%減の158戸だった。

 最多の札幌市は4.4%減の1568戸。持ち家が4%減の356戸、貸家が0.7%増の1125戸、分譲住宅が36%増の87戸で、給与住宅はゼロだった。

 次いで多かったのは釧路市で、2・6倍の192戸となっている。給与住宅が83倍の83戸、貸家が2・3倍79戸と大幅に増加し、全体を引き上げた。3番目は旭川市で、22.9%増の172戸。持ち家が24.6%増の86戸、貸家が23%増の75戸と押し上げた。

 町村部の合計は2%減の498戸だった。利用関係別の内訳は、持ち家が5.2%減の235戸、貸家が1.6%減の240戸、給与住宅が2・1倍の17戸、分譲住宅が25%減の6戸となっている。
 17年の累計は、町村部が前年同期比1%減の2039戸。35市と合わせた道内全体では6.6%増の1万7178戸だった。


関連キーワード: 住宅 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • オノデラ
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。