道内35市の住宅着工、6月は1.2%減-札幌市が4.4%ダウン

2017年08月28日 19時10分

 2017年6月の道内35市新設住宅着工戸数は、前年同月比1.2%減の2914戸だった。貸家と分譲住宅が前年を下回ったものの、給与住宅が4・9倍と大幅に増加したことが影響し、微減にとどまった。

 利用関係別の内訳は、持ち家が6%増の951戸、貸家が7.1%減の1707戸、給与住宅が4・9倍の98戸、分譲住宅が18.6%減の158戸だった。

 最多の札幌市は4.4%減の1568戸。持ち家が4%減の356戸、貸家が0.7%増の1125戸、分譲住宅が36%増の87戸で、給与住宅はゼロだった。

 次いで多かったのは釧路市で、2・6倍の192戸となっている。給与住宅が83倍の83戸、貸家が2・3倍79戸と大幅に増加し、全体を引き上げた。3番目は旭川市で、22.9%増の172戸。持ち家が24.6%増の86戸、貸家が23%増の75戸と押し上げた。

 町村部の合計は2%減の498戸だった。利用関係別の内訳は、持ち家が5.2%減の235戸、貸家が1.6%減の240戸、給与住宅が2・1倍の17戸、分譲住宅が25%減の6戸となっている。
 17年の累計は、町村部が前年同期比1%減の2039戸。35市と合わせた道内全体では6.6%増の1万7178戸だった。


関連キーワード: 住宅 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。