北見市が新庁舎の完成模型を展示中

2017年10月05日 19時05分

北見市新市庁舎の300分の1サイズの模型 北見市はまちきた大通ビル4階に、ことし12月にも着工を予定する新市庁舎の模型を展示している。

 新市庁舎の300分の1サイズの模型で、設計を担当した久米設計・都市設計研究所・清和設計共同体が、完成パースと同様に外部に発注して製作した。

 模型では、まちきた大通ビルと市庁舎をつなぐスカイウオークや駐車場、南側に設置された太陽光パネルまで精巧に作られている。また、展示スペースには模型のほか、内観や全体図のパースがパネルで掲示されている。

 市都市再生推進室の妻鳥洋平調整係長は、この展示に際し「いよいよ着工が近づき、市民の方も楽しみにしていると思う。市としては、工事を予定通り進めていきたい」と話した。

 展示期限は現段階では定めておらず、しばらく展示を続ける予定。


関連キーワード: 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,215)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,679)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,229)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,587)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。