カフェなどに活用へ 厚真町が古民家「旧山口家」を移築

2017年11月24日 12時00分

 厚真町が公募していた古民家「旧山口家」を活用する事業者が、ワタミ(本社・東京)の関連会社に決まった。地元食材を使用したカフェレストランや6人程度泊まれる民宿の運営を計画しているという。町は2018年6月にも旧山口家の移築・再生工事を発注。同年内に完成させ、19年1月に同社と賃貸契約を結ぶ方針だ。

 町は、古民家を再生して地域の拠点や観光資源化することによる活性化を推進している。14年度には豊沢地区のフォーラムビレッジ内に旧畑島家を移築。既にカフェを併設したパン製造・販売店として活用されている。1909(明治42)年に鹿沼地区で建設された旧山口家も、この隣接地に移築する。

 活用に向け、町が7月から公募していた事業提案には2者が応募。1次審査とプレゼンテーションによる2次審査で、同社の事業案が選ばれた。

 総務省の地域おこし企業人制度で同社から町に出向している小松美香さんによると、ハスカップなど地元食材を使用した料理などを提供するカフェレストランのほか、6人程度宿泊できるようにする。

 小松さんの出向期間は18年3月まで。4月以降は、同社が町内に開設する事業所で開業に備える。小松さんは「古民家ならではの体験やイベントを考えていきたい」と話している。

 旧山口家移築・再生に向けた設計は札幌企画設計で進めている。移築・再生工事費は、国の交付金活用を視野に、町の18年度予算で確保する。

 町は、現存している古民家のうち朝日地区にある古民家「旧幅田家」の寄贈も受けている。時期や場所は未定だが、やはり観光資源化による活性化事業に役立てるために移築を考えている。


関連キーワード: 建築 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。