海産物の鮮度保持で海外から注目 岩内町の海洋深層水活用

2018年03月29日 15時00分

 道内にある深層水取水施設は3カ所。その一つが岩内町地場産業サポートセンターだ。深層水ブームを背景に2005年から販売開始。思うように売り上げが伸びず、例年赤字を出す状況に陥った。しかし、近年は海外への海産物輸出に用いられるなど、再び脚光を浴びつつある。この商機をつかみ、地域に眠る資源をまちの活性化につなげようと、職員らが奮闘している。(高橋 秀一朗記者)

 道内の日本海沿岸に位置する多くの自治体と同じく、かつてニシン漁で栄えた岩内町は過疎化に悩まされている。国勢調査によると、人口は1975年の2万5823人から、15年には1万3042人まで落ち込んだ。

 岩内での深層水事業開始は、97年の民間企業による海洋調査が発端。町の沖合、水深300m付近の海域に深層水の特性を持つ水塊が見つかり、その後の調査で存在が確認された。年間を通して低温という特徴に加え、健康効果が見込まれるといった報道もあり、ブームになった。

 町は2000年、地域活性化につなげようと、海洋深層水を用いた地域振興事業への支援を国に要望。01年から3カ年かけて深層水取水施設を整備した。水産加工業を支援する町水産研修センターの後継となる地場産業サポートセンターを隣接させ、大浜476に03―04年度で建設。総事業費約30億円に上る大型事業となった。

 ところが、深層水の売上額は年平均で300万―400万円程度にとどまった。施設の維持補修費がかさみ、赤字が常態化。「民間企業に譲渡を」という話が庁内で上がるほど深刻化している。

地場産業サポートセンターの釜谷豊和所長

深層水関連商品を手にする釜谷所長

 このような状況の中、深層水のPRに奮闘しているのが、地場産業サポートセンターの釜谷豊和所長をはじめとする職員だ。家畜の餌として与えた場合の効果などについて、酪農学園大と連携して研究を進めている。また、町民らに深層水をPRする「深層水だより」を17年度から毎月発行。深層水の効用や深層水活用企業を紹介している。

 明るい兆しも見え始めた。運送業関連への売り上げが伸びている。釜谷所長は「道北で漁獲されたホタテなどを運送する業者が、深層水を利用するケースが増えている」と話す。小樽を経由して韓国などに出荷される際、「深層水を使うと、より鮮度を保つことができる」という評判が、ドライバーの口コミで広がっているという。17年度の売り上げは600万円を超える見通しだ。

 町は、深層水の効用に関する科学的根拠をはっきりと示せるよう、研究機関との連携を継続。また、ニセコエリアでの外国人観光客増などを見据えて商機を探る。あらゆる方面の需要を捉えながら適切にPRを重ね、売上アップを狙う。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,096)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,964)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,496)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,472)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,303)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。