道の駅「仮称・バルーン」整備 上士幌町が19年4月発注へ

2018年08月27日 18時00分

 上士幌町は道の駅「仮称・バルーン」新築を2019年4月の発注を予定する。主体、電気、設備など分離発注とする可能性が高い。事業費は当初予定した10億5840万円(税込み)に抑えたい考え。日本都市設計・ズコーシャ・都市整備コンサルタント共同体で実施設計を進めている。

 新たな道の駅は国土交通省による重点「道の駅」候補に選ばれている。

 24時間対応トイレといった道の駅としての基本的な機能のほかに、観光地としての町の魅力を発信する。町の観光戦略を担う上士幌版DMOの「株式会社Karch(カーチ)」が農畜産物の販売といった運営を担う。現在、施設内に4カ所あるテナントショップの出店準備を進めている。21日には希望者向けの説明会を開いた。10月末には決まる見通しで、実施設計の中で店舗部分の細部を詰める。

 計画地は上士幌227の1ほか。道の駅の敷地は1万8450m²で、他に2カ所ある駐車場を含めた総面積は2万6910m²となる。

 道の駅の駐車台数は普通自動車70台など計105台。このうち大型車12台と普通車15台分は、右折レーン設置とともに国が整備する。道と町は一部で歩道を新設する。

 敷地内には上士幌町の観光資源である熱気球を係留するバルーンフィールドやドッグラン、遊具、築山も用意する。キャンピングカー用駐車場も10台分整える。

 建物施設はS造、平屋、延べ1500m²の規模。情報発信スペースや農畜産物販売所、カフェ・レストランなどを構える。

 上士幌版DMOのカーチは、道の駅とともに、現在建設中のナイタイ高原レストハウスも運営する。レストハウスの名称は「NAITAI TERRACE(ナイタイ・テラス)」に正式決定した。萩原建設工業・橘内建設・米倉建設共同体が進めている工事は11月末に完成。19年6月3日にグランドオープンする。


関連キーワード: 観光 道の駅 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。