続く余震 復旧まだ遠く 発生1週間、現地から

2018年09月13日 12時00分

 6日午前3時7分ごろに発生した北海道胆振東部地震。震源は胆振地方中東部で、厚真、安平、むかわの3町に土砂崩れや家屋の倒壊、断水、停電など甚大な被害を与えた。各自治体では直後に対策本部を設置し、避難所を開設。震源近くの厚真町役場は慌ただしく対応に追われた。自衛隊らと共に被災者に寄り添い、支援に取り組んでいる。被害状況が次々と明らかになり、避難所には約1000人にも上る住民が詰めかけた。インフラの被害は大きく、余震が続く中、復旧には時間を要する見込みだ。地震発生から1週間たった現地の状況を写真で振り返る。

地震により段差が生じ、通行止めになった上厚真大橋

被害状況の確認、被災者支援、庁内の片付けなどに追われた厚真町役場

壁が崩落した安平町内の店舗兼住宅。応急危険度判定で「危険」とされた

屋根がずり落ちた安平町の早来神社。安平町内でも大きな被害を受けた

地震で1階が押しつぶされたむかわ町内の店舗兼住宅。古い建物での被害が目立つ

北電の主力、苫東厚真発電所付近の道路でも液状化と隆起が見られた


関連キーワード: 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,235)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,140)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,562)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,282)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,107)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。