蘭越ニセコ倶知安線の景観向上へ 4.2㎞を無電柱化

2018年12月14日 20時00分

 小樽建管は、倶知安町山田地区で進める蘭越ニセコ倶知安線の電線共同溝整備約4・2㌔のうち、3㌔を3工区に分割して、2019年1月中旬に一般競争公告する考えだ。全て簡易型総合評価・施工実績審査タイプを採用する。14日付で公表した工事情報によると、各工区とも延長1㌔で概算工事費は3億5000万円。格付けは一般土木A1か特定共同体結成を想定している。入札は2月下旬の予定。

電線共同溝を整備する山田地区

 電線共同溝整備で無電柱化するのは、ニセコ高原比羅夫線との交点(倶知安町市街地側)からサンスポーツランド駐車場付近の約2・1㌔区間。ひらふスキー場の麓で、ホテルやレストランなどのリゾート施設が立ち並んでいる。

 羊蹄山を望む景観への配慮から無電柱化に対する地元要望が出ていて、19年10月のG20観光大臣会合開催が決定したのを受け、出迎える環境を整えることにした。

 無電柱化区間は、車道幅15・5m、歩道幅3・5(両側)mで整備しており、電線共同溝はこの両側に敷設する。

 事業費は公表していないが、約15億円と推定される。残る1・2㌔については19年度予算を充てる。

 電線共同溝埋設後、電線などの引き込みや、電柱撤去作業に時間がかかることから、共同溝本体はできるだけ早期に終えるとしている。


関連キーワード: 北海道庁 景観 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,254)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,049)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,879)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,810)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,332)

連載・特集

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。

連載 重大NEWS2019令和元年を振り返る

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
人口減少社会の到来を見据え、経済や 社会の構造が大きく変わろうとする、令和元年のニュースを振り返る。