「花ロードえにわ」改修など市が道の駅周辺整備

2019年01月19日 07時00分

 恵庭市は2019年度、国道36号沿線で計画する花の拠点整備に9億2474万円を充てる。農畜産物直売所「かのな」移転改築は、早ければ3月に設計施工一括で公募型プロポーザルを公告する考えだ。公園整備と道と川の駅「花ロードえにわ」改修、市道松園線改良舗装は夏の着工を目指して発注手続きを進める。

 南島松817の道と川の駅「花ロードえにわ」隣接地3・5haなど6・1haを花の拠点として整備し、花のまちを発信・体感できる空間を創出する。

 かのな移転改築には約3億1000万円を見込む。施設の規模は、S造、平屋、延べ820m²で考え、通年営業や混雑解消につながる造りとする。4月に契約を結び5月から設計を進め、夏の着工、20年春の営業開始を考えている。

 旧保健センターを活用するセンターハウス改修は18年8月に改修・運営事業者を公募型プロポーザルで募集していたが、応募が無かった。

 このため、市直営で実施するか事業者を再公募するか年度内に方針を固める。事業費は事業者によって変わるが、約2億7000万円を見込んでいる。

 公園は約1億6000万円を充て4・5haを整備。防衛省の民生安定事業補助金の交付決定時期にもよるが、6―7月の入札となる見通し。債務負担行為を設定し工期は20年夏までとする。実施設計は高野ランドスケーププランニングが担当。

 道と川の駅改修には、約8500万円を措置する。既存のトイレに授乳室や風除室の設置、空調、照明設備改修を計画していて、工事中は仮設トイレを設置して対応する。

 市道松園線改良舗装では約4500万円を充て国道36号側200mを対象に渋滞対策や路上路盤再生などを施し、冬の完了を目指す。

 このほか、地域新電力設立可能性調査に800万円、EV急速充電器移設に400万円をそれぞれ配分する予定だ。


関連キーワード: 観光 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。