札幌市内の18年建築確認件数 総数は7000件台を維持

2019年01月22日 18時00分

 2018年の札幌市内建築確認件数がまとまった。住宅・非住宅合わせた総数は、前年比4%減の7297件。16年から3年連続でマイナスが続くが、全体では7000件台を維持している。住宅は公的住宅以外は全て前年を下回り、木造アパート等は2割減の落ち込みとなっている。

 札幌市都市局建築指導部で集計した毎月の速報値をまとめた。

 住宅総数は、件数が2.3%減の5950件、戸数が5.5%減の1万8326戸といずれも減少したが、過去10年間では件数は4番目、戸数は3番目に多い状況となっている。

 内訳は、一般個人住宅が1%減の5117件、マンション等が2.6%減の530件と微減だが、木造アパート等が19.8%減の300件と縮小幅が大きい。戸数で見てもマンション等が3.3%減の1万1036戸、木造アパート等が24.1%減の2068戸と同様の傾向となっている。

 年間の推移で見ると、件数は1、3―7月は前年を上回ったが、いずれも増加幅は1割未満。一方でマイナスだった8、9、12月は前年比1―2割減と縮小幅が大きく、これが全体の件数にも表れた。戸数は6、7、10、11月の4カ月のみ前年を上回っている状況だった。

 一方、商業や店舗などの非住宅は、11.1%減の1347件。年間の推移でも前年比プラスは3カ月だけと低調だった。工作物や昇降機を除いても3.1%減の759件にとどまっている。

 12月単月の住宅・非住宅合わせた件数は、前年同月比12.6%減の485件。うち住宅は15.7%減の360件、戸数は25.5%減の904戸と低調だった。

 主な内訳は、一般個人住宅が15.9%減の318件、マンション等が7.1%減の26件、23.8%減の467戸、木造アパート等が23.8%減の16件、46.4%減の119戸となっている。

 非住宅も2.3%減の125件と落ち込んでいるが、工作物や昇降機を除くと9.2%増の71件と増えている。

 速報値のため、次回公表時には変更の可能性がある。


関連キーワード: さっぽろ圏 住宅 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。