西消防署白糠支署の移転を5月中旬にも指名 白糠町

2019年02月19日 18時00分

 白糠町は、2019年度当初予算案で釧路市西消防署白糠支署の移転改築に16億3462万円を計上した。現庁舎より海抜が高い場所に移し、津波によるリスクの低減を図る。5月中旬にも指名競争入札し、6月の定例町議会で承認を得て着工する見込み。主体と電気、機械、地中熱ヒートポンプ、太陽光設備の5分割で発注する予定だ。

 東1条南3丁目2の20にある白糠支署(S造、3階、延べ949m²)は1970年に建設し、3回増築している。建物の老朽化が進み、海抜は2・9mと津波浸水区域にある。タイヤ保管庫がないため庁舎外に保管していたり、車庫が狭いため消防車を格納できず、車両の一部を切って短くしたりしなければならなかった。津波警報が出ると消防車両を駅前に移動させるなど不便が生じている。

新庁舎の完成予想図(白糠町役場提供)

 新庁舎の建設地は西1条北4丁目2の1。海抜は8・1m。津波のリスクが少なく、市街地に近い場所を選んだ。新庁舎はRC造、3階、延べ2129・9m²の予定だ。

 1階に消防車と救急車の車庫、2階に事務室と仮眠室、3階に会議室と消防団詰め所、備蓄保管庫を設ける。現在の大型水槽車に合わせた車庫を整備し、2階の仮眠室はユニットバス付きの女性専用部屋を1つ備える。3階の会議室は災害時の一時避難所にも使う。

 支署本体には約12億5000万円を充てる。内訳は主体に約8億8000万円、電気に約2億2000万円、機械に約1億5000万円。地中熱ヒートポンプには約3億1000万円、太陽光設備には約7000万円を投じる。

 主体の工期は20年3月までを見込む。同5月の連休明けにも外構を発注し、施設の供用開始は同9月を予定。現庁舎の解体は新庁舎が完成してから実施する。


関連キーワード: 庁舎 建築 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,408)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,567)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,403)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,114)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,106)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。