峠に春呼び込む 連休前開通目指し知床横断道路で除雪

2019年04月09日 12時00分

 網走、釧路両開建は5日、冬季閉鎖となっている334号知床横断道路の除雪作業を公開した。4―5月の長期連休前の開通を目指し、建設業者による懸命な作業が続く。

 334号知床横断道路羅臼町湯ノ沢―斜里町岩尾別間23・8㌔は、昨年11月6日から通行止めとなっている。除雪作業は3月6日からスタート。網走開建所管の11・4㌔区間では斜里建設工業(本社・斜里)が作業を進め、釧路開建所管の12・4㌔区間は尾田建設(同・羅臼)が担当している。

 斜里側では除雪機械が、片側1車線を開けるのに知床峠を約1㌔越えた地点まで到達している。ことしの積雪深は、過去10年平均の2m70cmより1m低い。

 この日午前7時の峠の気温はマイナス4度。2台のロータリー除雪車が、道路脇に積もった最大高さ3mの雪壁を吹き飛ばした。

春の訪れを後押しするロータリー車

 網走開建網走道路事務所の佐藤秀史所長は「ことしは例年に比べ雪が少ない。地域の要望に応え、ゴールデンウイーク前の開通を目指したい」と意気込む。

 斜里建設工業の上野義明副社長は「雪の密度が小さく、柔らかい印象。無事故無災害で一日も早い開通を目指したい」と話している。

 作業の進捗(しんちょく)は約5割。残りの日程で、雪崩の原因となる大規模法面の雪庇(せっぴ)除去に取り組んでいく。昨年の開通日は4月27日。世界自然遺産・知床にもうすぐ春が訪れる。(網走)


関連キーワード: オホーツク 国交省 釧路 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。