概算工事費61億円 岩見沢の新市庁舎を10月上旬にも入札

2019年05月16日 12時00分

 岩見沢市は、本年度から着工する新庁舎建設について、主体2工区、電気3件、管2件の7分割で10月上旬にも入札する計画だ。大型案件であることから現在、一般競争、指名競争を含めて適切な発注方式を検討中。入札後は、同月下旬に開く臨時議会で承認を得て、11月に着工する見通し。建築、電気、管の概算工事費合計は61億900万円を見込み、2021年8月の完成を予定している。

新庁舎は現在の駐車場の場所に建設する

 整備から50年以上が経過し耐震性が不足している庁舎を現在地の鳩が丘1丁目で改築するもの。新庁舎の規模はSRC一部S造、地下1地上4階、延べ約1万700m²で、総事業費は80億円を試算している。

 当初は18年度中に基本・実施設計を完了させ、その後、工事を発注する見通しだったが、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震を受け、防災面の機能見直しを実施。

 これに伴い、業務期間を当初の予定より半年ほど延長。建設費の財源となる合併特例債の期限延長が可能となったため、工事発注の時期も半年ほど遅らせることにした。基本・実施設計は久米設計が担当している。

 本体工事は、主体を2工区、電気を受変電設備、強電、弱電の3件、管を給排水衛生設備と空調暖房設備の2件に分け、いずれも10月上旬に入札する。今回は、ことし11月から20年2月までを自主施工期間と定めるため、本格的な工事はこの期間以降となる見通しだ。

 市では、21年8月末の完成、同10月の引っ越しを想定。新庁舎は1階に窓口系の部署、2階に建設や農政関係、3階に市長、副市長室、財政など、4階に議会機能を設ける考えだが、新庁舎移転前には機構改革も予定しており、速やかな引っ越しと業務再開を目指す。


関連キーワード: 庁舎 空知 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。