札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 

2019年05月24日 07時00分

 札幌駅南口の大型再開発が動きだす。JR札幌駅南口の北4西3街区[MAP↗]の地権者16者は23日、街区の一体開発を目的に、札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合を設立した。事業コンサルタントを選定した上で、開発計画づくりや施設設計に入り、2021年度に事業化の前提となる都市計画決定を目指す。具体化はこれからだが、約1haの街区全体を使い、道都のシンボルとしてふさわしい超高層複合ビルの開発をイメージする。

 地権者16者が同日、札幌グランドホテルで設立総会を開き、理事長にヨドバシホールディングス(HD)、副理事長に北海道建設会館が就任した。組合員は法人、個人合わせ16者。30年の新幹線延伸、冬季五輪招致までに、地区の再開発実現を目指す。

 総会後、ヨドバシHDの安藤修一業務部部長が記者会見し、再開発計画は、6月から月1回程度、地権者が集まり協議し具体化を図ることを報告。

 事業コンサルを選定した上で、設計や計画をまとめ、計画実現で札幌市と都市計画協議を進めるスケジュールを説明した。施工者選定は、都市計画決定後を予定する。

 開発イメージについては、街区の中通を廃止し、低層の基壇部と高層部からなる街区一体の建物を想定。地下は街区周辺の地下歩行空間と接続し、地上と地下が連続する重層的な歩行者ネットワークの構築と、にぎわいある空間づくりを目指す。

 用途はヨドバシカメラの店舗、ホテル、オフィス、劇場、商業施設が地権者から意見として上がり、事業性を踏まえ協議、決定していく。

 理事長に就任したヨドバシHDの藤沢昭和社長は記者団に「シンボルとして恥ずかしくないものをと思っている。可能な限り早くオープンしたい」と語った。

 地権者調整を支援してきた札幌市の秋元克広市長は「まちづくりにとって重要なエリア。新時代にふさわしいまちづくりを」と期待。引き続き都市計画手続き、再開発補助で支援するとした。

 札幌駅の南口と駅前通に面した北4西3街区には5ビルがある。道都の顔となる一等地だが、09年9月に街区の6割を占める百貨店の札幌西武が閉店。ヨドバシカメラが跡地を取得した後も9年以上にわたり未利用の土地が残されていた。市の調整もあり、3月には地権者が一体開発に同意し今回の運びとなった。 

 同街区は都市計画上の商業地域で建ぺい率80%、容積率800%。札幌市の都市計画制度を活用した場合、最大で約12万m²の施設建設も可能だ。 

 準備組合に参画する法人地権者は次の通り。
 ▽ヨドバシHD▽北海道建設会館▽三井住友信託銀行▽五英商事▽山王スペース&レンタル▽ビッグ▽フレキシブル▽大友不動産▽二十三▽平和不動産▽交洋不動産


関連キーワード: MAP さっぽろ圏 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,087)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,035)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,543)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,468)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。