札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大

2019年05月29日 07時00分

つしまマネージメントが計画 7月に着工へ

 つしま医療福祉グループの資産管理や不動産購入を手掛ける、つしまマネージメント(札幌市豊平区月寒西1条7丁目8の25、対馬徳昭社長)は、札幌市豊平区月寒東3条11丁目で日本医療大学新築を計画している。設計は西沢建築設計が担当し、校舎などの施設は延べ3万2000m²を想定。7月中旬の着工に向け、これから施工業者の選定をする。

 規模はRC造、4階、延べ3万2237m²で、4棟で構成する。

白石藻岩通に面した日本医療大建設予定地

 建設地は札幌市豊平区月寒東3条11丁目270の1で、八紘学園が札幌市に雪捨場として貸し出していた場所。敷地面積は3万5418m²。白石藻岩通を挟んだ南側にはコープさっぽろ月寒ひがし店やケーズデンキ月寒店があり、東側にはブランチ札幌月寒の複合商業施設がある。

 つしま医療福祉グループの日本医療大が同地区で、清田区と恵庭市内にある校舎を集約した新校舎や病院、福祉施設の新築を計画しているため、土地所有者の八紘学園が札幌市に制限緩和を申請していた。

 対象は豊平区月寒東3条11丁目にある八紘学園所有地のうち、白石藻岩通に面した5・8ha。都市計画上の用途は第1種住居地域で建築物制限は比較的緩いが、地区計画で建築物を1000m²以上の大学、高校、専修学校、畜舎に限定している。

 札幌市は6月4日に、この地区計画変更案を都市計画審議会に再諮問する予定。承認されれば着工し、2021年3月の完成を目指す。


関連キーワード: さっぽろ圏 学校 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,208)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,861)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (3,013)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,867)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,269)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。