札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居

2019年06月24日 18時00分

 エムジーリース(東京都千代田区一ツ橋2丁目1の1、秋吉満社長)は、札幌市西区発寒でスポーツ用品店舗新築を計画している。ランドブレインが設計を担当。施工業者は7月中旬をめどに決定し、8月に着工する見通しだ。

 建物はアルペン(本社・名古屋)が賃借し、スポーツ用品やアウトドア用品などの販売を予定している。

 札幌市の大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づく届け出によると、規模はS造、平屋一部2階、延べ4349m²で、店舗(売り場)面積は3796m²。駐車場は屋上と平置きを含めて146台分、駐輪場は85台分をそれぞれ用意する。

 建設地は発寒9条12丁目675の3[MAP↗]で、敷地面積は6634m²。桑園発寒通に面し、通りを挟んだ南側にイオンモール札幌発寒がある。JR発寒駅から約400mで、イオンモール札幌発寒の北駐車場として使われていた。


関連キーワード: MAP 商業 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。