市庁舎建て替え「5年以内に」意識調査で半数  歌志内市

2019年12月11日 10時00分

 歌志内市は、まちづくりに関する市民意識調査の結果をまとめた。市役所庁舎の建て替えに関する質問では、約半数が5年以内の建設が必要と回答した。市では、現在策定作業中の総合計画に対し、調査結果を検討材料として扱う。

 アンケートはことし5月に実施したもので1400人に送付し、26.8%に当たる375人から回答を得た。

 歌志内市の住み心地については、満足傾向が24.7%、不満傾向は40.6%。居住環境で重要と考えるもの(複数回答)では、「買い物や通院などの利便性」が84.7%と最も高く、以下、「公共交通の利便性」が43.2%、「災害時の安全性」が41.5%となっている。

 市役所庁舎[MAP↗]の建設について問うと、「すぐに建設が必要」が13.5%、「近い将来(5年後)建設が必要」が36.2%で、約半数が今後5年以内の建設が必要と回答。一方で、「建設の必要はない」は22.4%だった。

 また、新庁舎の建設場所を尋ねると、現庁舎のある地区と同じ本町が54.9%と最も高く、次いで文珠が13.4%、神威が12.5%となっている。

 将来ふさわしいまちのイメージ(複数回答)としては、「すべての人が安心して暮らせる福祉のまち」が64.3%と最も高く、「子育て支援が充実した子育て応援のまち」が43.1%、「医療体制や健康づくりの充実した健康のまち」が42.8%。

 これからの歌志内にあったほうがいいもの(複数回答)は高齢者住宅、市民が立ち寄れるカフェやフリースペースがともに44.2%で最も高く、次いで市の特産品を販売する場所が38.2%となっている。

 今後のまちづくりの方向性については、コンパクトなまちづくりが26%と最も高く、「コンパクトなまちづくりを基本としつつも、近隣市町村との広域連携によるまちづくりを進める」が24.3%、市街地拡大型のまちづくりが17.1%となっている。

(北海道建設新聞2019年12月10日付8面より)


関連キーワード: 庁舎 改築 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,143)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,300)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,582)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,024)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,620)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。