金賞は氷片漂う釧路川渡るSL ひがし北海道フォトコン

2020年03月29日 10時00分

 黒煙を噴き上げながら氷片漂う釧路川を渡る力強いSL―。釧路市など沿線9市町村で構成するJR釧網本線維持活性化実行委員会が主催する「ひがし北海道フォトコンテスト」の受賞作品が決まった。最優秀の金賞には、迫力あるSL冬の湿原号を写した「@diekatze8181」さんの作品が選ばれた。

青、白、黒が見事なコントラストを描く金賞作品

 初開催となる今回は、運営を同線沿線でMaaS(マース)の実証実験などを手掛けるWILLER(ウィラー、本社・大阪)に委託。インスタグラムを通じ道内外から940作品の応募があり、同社が審査した。

 金賞に選ばれた作品は、川や青い空に黒い煙を吐くSLが映えていると高く評価。このほか、一面に広がる流氷を眺める2人の子ども、夕景にたたずむエゾシカのシルエット、満天の星が輝く摩周湖の夜景など幻想的な作品6点が銀賞、銅賞に輝いた。

 このコンテストは、沿線の魅力を内外に広くアピールし来訪者を増やすことなどを通じて釧網本線の利用者を増やし、路線存続につなげることが狙い。

 事務局を務める釧路市都市経営課の池田利伸政策推進主幹は「金賞をメインに3作品ほどを選び、既にポスターを製作した。具体的な掲示場所は今後の交渉となるが、札幌や都内などでひがし北海道の魅力を伝えることができれば」と期待している。

 受賞作品は実行委員会のホームページ(https://senmouhonsen.com/)に掲載している。(釧路)

(北海道建設新聞2020年3月26日付11面より)

関連リンク

JR釧網本線維持活性化実行委員会(外部サイト)


関連キーワード: 景観 観光 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,557)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,461)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,140)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。