ゲストハウス「KARIMPA」6月内に開業へ 平村建設

2020年06月08日 15時00分

既存建物改修 平取の滞在型観光拠点に

 滞在型観光の拠点となる施設に―。平村建設(本社・平取)は、ゲストハウス「KARIMPA」(カリンパ)の月内開業を目指して準備を進めている。本社社屋向かいの店舗兼住宅を改装して整備。コミュニティースペースと、状況や時期に合わせ活用方法を変更する6室を確保した。

店舗兼住宅がゲストハウスとして生まれ変わった

 KARIMPAは、アイヌ語で桜の木を示す言葉で、敷地西側にあるエゾヤマザクラをモチーフに、人が集う場所をイメージして名付けた。今回改装した店舗兼住宅は平取町本町94の3[MAP↗]に位置し、築後約25年が経過。敷地は延べ590m²で、建物規模はW造、2階、延べ200m²。

 建物は2019年9月に取得した。当初は社員研修室や従業員寮として活用する予定だったが、ゲストハウスとすることを決め、同年11月に改修に着工し、ことし3月に完成。5月29日に開所式を実施した。

 コミュニティースペースの場所は既に貸し出しており、民泊許可が降り次第、ゲストハウスの運営を開始する予定だ。部屋数は6室を確保し、民泊のほか、社員寮や協力会社の宿泊空間としての活用も見込む。

 平村徹郎社長は「平取は大型の宿泊施設が少なく観光地としては発展途上だが、自然環境は国内屈指で、アイヌ文化の学芸資源は類を見ない質・量を有するなど、多くの可能性がある」と期待。今後については「コミュニティースペースを備えた滞在型観光の拠点施設として活用を図っていきたい」と意欲を見せている。

(北海道建設新聞2020年6月5日付11面より)


関連キーワード: 企業 日高 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,220)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,620)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。