白鳥大橋が国交省インフラツーリズムのモデル地区に

2020年08月17日 12時00分

室蘭市の観光戦略に弾み

2年後の22年に開港150周年を迎える室蘭港に架かる白鳥大橋。市の観光資源としても役割を果たしている

 室蘭市内の国道37号白鳥大橋が、国土交通省のインフラツーリズム魅力倍増プロジェクトのモデル地区に選定された。これにより、市などはインフラツーリズム事業化に向けた体制づくりなどについて、国交省の有識者懇談会によるサポートを受けられるようになる。新型コロナウイルス感染症の収束後をにらんだ同市の観光戦略に弾みがつきそうだ。

 国交省は2018年11月にインフラツーリズム有識者懇談会を設置。懇談会内で同プロジェクトを立ち上げ、19年7月には群馬県の八ッ場ダム、愛媛県の来島海峡大橋などを含む5地区を、社会実験のモデル地区に選定し、国内外への広報やインバウンド対応などに取り組んでいる。

 白鳥大橋は1998年に完成した東日本最大のつり橋で、橋長が1380mに及ぶ長大橋。室蘭市はかねて白鳥大橋を所管する室蘭開建と、同橋を利用したインフラツーリズム事業化について協議を重ねており、19年度には青山剛市長、開建幹部らが橋梁の主塔上部を見学し、ツアーのルート確認などを実施した。

 ことしからは、室蘭市、室蘭商工会議所、室蘭観光協会で構成する室蘭観光推進連絡会議が主体となって観光資源化に向けた取り組みを展開中。

 白鳥大橋からほど近い祝津ふ頭で大型クルーズ客船を接岸可能とするための岸壁工事が本格化し、この周辺区域の整備計画が上がるなど、室蘭市では観光戦略が加速しつつある。コロナ禍の収束後を見据えた事業展開が期待される。

(北海道建設新聞2020年8月11日付2面より)


関連キーワード: インフラツーリズム 胆振 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,199)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,154)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,506)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,559)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,517)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。