「道の駅」観光拠点機能強化 開発局が方策検討に着手

2020年09月18日 09時00分

 北海道開発局は、全国に約1200ある「道の駅」を対象に調査し、本道の観光拠点として機能強化する方策の検討に着手した。特に外国人観光客のさらなる誘客・利便性向上に向け、多言語対応やキャッシュレス決済の先進事例を検討。また、サイクルツーリズムやシーニックバイウェイとの連携など広域観光やアクティビティーの拠点としての利用可能性も追求する。

 道路利用者向けの休憩所や商業施設が一体となった道の駅の制度は1993年からスタート。四半世紀以上が経過したことを踏まえて、国土交通省の検討会が2019年に新たな道の駅の方向性について提言をまとめた。

 提言では、従来の「通過する道路利用者へのサービス提供機能」「道の駅自体の目的地化」に続く第3のステージとして「地方創生・観光を加速する拠点」として位置付けた。中心となる目標として①道の駅の世界ブランド化②災害時の拠点となる「防災道の駅」の形成③子育てや地域活性化など地域センターとしての道の駅―の3つを掲げた。

 このうち①の世界ブランド化では、さらに多くのインバウンドを迎え入れるための目標を設定。多言語対応した観光案内所のある道の駅を約110駅から500駅に伸ばし、キャッシュレス決済は500駅から1000駅まで倍増させる。交通拠点としてMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の導入も図る。

 開発局はこの①に関わる目標達成に焦点を絞った検討に着手。10日には、検討業務をパシフィックコンサルタンツ・日本みち研究所設計共同体に委託した。

 検討業務ではまず、全国約1200の道の駅を対象にインバウンド対応状況から先進事例を調査し、外国人観光客側のニーズも把握した上でさらなる受け入れ拡大に必要な施策を練る。

 また、サイクリングなどアクティビティーの拠点となっている道の駅もあることから、地域に人を集めて周遊観光を促す拠点機能を強化する支援方策も検討。沿道地域一体での周遊を促すシーニックバイウェイ・日本風景街道と連携した事業の展開を図るほか、恵庭市など道の駅隣接地へのホテル建設宿泊ニーズの高まりといったトレンドも踏まえて観光拠点機能強化策の検討を進める方針だ。

(北海道建設新聞2020年9月17日付1面より)


関連キーワード: 地域交通 観光 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,718)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (829)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。