岩見沢市がICTで除雪作業支援へ

2020年11月18日 09時00分

 岩見沢市は今冬、農業用GPSガイダンスシステムを用いて、除雪車両が走行する軌道の取得や各種データの利活用の検証を進める。背景には除雪オペレーターの高齢化がある。将来的に若年者など経験の浅いオペレーター向けに、ICTのデータを生かし、除雪マニュアルのデータ作成につなげたい考えだ。

 市では除雪業務を担う事業者に毎年オペレーターと助手の実態把握調査を実施。2019年度は226人中、50―70代が約半数を占め、将来的なオペレーター不足に危機感を抱いたことから、経験の浅いオペレーターでも効率良く作業ができるよう、ICTのデータを活用しマニュアルデータ作成を目指す。 

除雪オペレーターの育成を進める

 農業用GPSガイダンスシステムをベテランオペレーターの除雪車両に取り付け、走行軌跡などの各種データを取得。今冬は市道の一部で実施する予定だ。IT活用による地域課題解決検討会の事務局を務める北海道総合研究調査会が地域の課題解決の一つとして、データ検証業務を担う。

 具体的には除雪経路、除雪の実働時間、植樹帯や消火栓などの情報を取得し、除雪車両のモニターに映し出すことで、除雪支援につなげる。

 市では既に、16年度から農業用GPSガイダンスシステムを導入。除雪機械に取り付けて未除雪路線の雪割りを実施し、20年度は前年度同様、対象区間全線の132・8㌔で取り組む。

 市道の除雪データマニュアルの作成時期は未定だが、市では排雪や雪対策場管理への応用も検証したい意向だ。(岩見沢)

(北海道建設新聞2020年11月17日付8面より)


関連キーワード: ICT 空知 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.3k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.8k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.6k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.5k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 空き家で拓く未来

空き家で拓く未来
道内の空き家を巡る状況が変化している。少子高齢化で今後も増える空き家をどう扱うか。未来への手掛かりを探った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第195回は「オフィスでの感染対策」。マウスやキーボードの消毒や、室内の換気をこまめに行いましょう。