海テーマに演出 はこだてグリーンプラザイルミネーション

2021年07月13日 15時00分

巻き貝のオブジェを中心に幻想的な空間を演出する

企画運営はノヴェロなどグループに

 函館市は、はこだてグリーンプラザイルミネーション企画運営の公募型プロポーザルで、受託候補者をノヴェロ(本社・札幌)を代表とするグループに決めた。「はこだてルミポップ」として海をテーマに、写真映えする観光スポットをつくり上げる計画だ。

 大門地区にあるグリーンプラザでのイベントが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止が相次ぐ中、冬期間の魅力を発信するために実施する。

 プレゼンテーションを経て6月18日に審査委員会を開き、ノヴェロと道内各地でのイルミネーション製作の実績がある新生(本社・札幌)のグループを選定した。

 演出テーマは「HAKODATE RYU―GU(函館竜宮)」。函館の特色の一つである海をモチーフにした。高さ4・2mの巻き貝型のメインオブジェを中心に、卵型のサブオブジェを周囲に配置。LEDを4万2000個使い、色を制御しながら多様な光を演出する。

 本契約後、11月から施工し、12月から2022年2月末までの開催を予定している。(函館)

(北海道建設新聞2021年7月12日付11面より)


関連キーワード: 景観 渡島 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,139)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,113)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,702)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,468)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。