富良野市でワーケーション アロマ企業の社長が滞在

2021年07月17日 10時00分

アロマサロンなど経営するドルフィンズ宮武直子さん

 ラベンダーに引かれて富良野でお試しワーケーション―。富良野市のワーケーション実証費用助成金を利用し、アロマ関連企業、ドルフィンズ(本社・神奈川)社長の宮武直子さんが市内に滞在している。同助成金の初めての活用事例だ。宮武さんは「アロマサロンなどを経営しているため、富良野エリアのラベンダーは天然精油のブランドとして興味があった」と魅力を語る。

 市は観光資源を生かしたワーケーションの受け入れ体制について検証を重ねている。PRや課題発見に役立てるため、2021年度から「ワーケーション実証費用助成金」を創設した。

 市内でワーケーションを実証する市外企業の社員らが対象で、宿泊費や仕事場の利用料を補助。富良野市内に4連泊以上滞在することや、滞在中にSNSで情報発信することなどを条件とする。

 今回初めて利用者が決まった。宮武さんは7日から11日まで滞在。市企画振興課の松野健吾主査らの案内で市内や周辺を巡っている。

ラベンダーが香る中、テレワークする宮武さん

 8日は中富良野町にあるファーム富田を訪問し、町職員やファーム富田の社員らの協力を得て、13カ所に上る花畑を散策した。ラベンダーからオイルを抽出する蒸留機も見学し、宮武さんは担当者に「年間の精製量は」「水道水を使っていますか」など質問していた。

 宮武さんは見学を終え「普段は使う側だから、アロマを作っている現場を見るのは貴重な体験」と感想を語った。

 自身が17年から山梨県の山中湖周辺に移住していることもあり、「一度大自然の中で仕事ができるということに気付いたら都会には戻れないと思う。インターネットも宅配便もある時代だから、テレワークに不便は全く感じない」と笑顔を見せた。

 同行した松野主査は「今回のワーケーションのように、地場の企業と交流してもらうことで、移住定住に加え地域経済の活性化にも期待したい」と話す。(旭川)

(北海道建設新聞2021年7月12日付10面より)


関連キーワード: 上川 働き方改革 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,232)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,223)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,574)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,527)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,510)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。