6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間

2021年12月22日 15時00分

 東日本高速道支社  東日本高速道路北海道支社は、4車線化事業を進行中の道東道3区間の計約32.6kmで、6トンネル合わせて計約9.7kmの整備を進める。事業許可区間の約30%を占める。最も先行する広内トンネルの施工は既に公告済みで、残り5トンネルも詳細設計は発注済み。トンネルの着工に向けて準備が着々と進められている。

 同支社が進める道東道4車線化区間には、トンネルや橋梁などの構造物が多く存在。区間内で新設するトンネルは、2019年3月に事業許可が下りたトマムIC―十勝清水IC間の帯広側約9.5kmにある広内トンネル、20年3月事業許可の占冠IC―トマムIC間の約19.9kmの東占冠トンネル、滝の沢トンネル、ホロカトマムトンネル、下トマムトンネルの4トンネル、21年3月に事業許可が下りたトマムIC―十勝清水IC間の約3.2kmに狩勝第二トンネルが位置している。

 6トンネルの詳細設計は全て発注済み。最初に事業許可が出た区間に含まれる広内トンネルは、ロードエンジニアリングが詳細設計を担当し、施工に関しても24日開札予定の道東道新得工事として公告済みだ。また、東占冠トンネルはオリエンタルコンサルタンツ、滝の沢トンネルとホロカトマムトンネルは建設技術研究所、狩勝第二トンネルは千代田コンサルタントが詳細設計を担当し、各完成時期はそれぞれ22年度上半期(4―9月)内に設定されている。残る下トマムトンネルに関しては、22年1月31日の開札を予定。設計後、順次着工していくとみられる。

(北海道建設新聞2021年12月21日付4面より)


関連キーワード: トンネル 高速道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,057)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,604)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,206)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,744)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,400)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。