空知管内で病院建替計画相次ぐ

2022年02月03日 17時30分

岩見沢は再編統合へ

 施設の老朽化や耐震性能の問題によって、空知管内で公立病院などの建て替え計画が相次いでいる。岩見沢市内の市立総合病院と北海道中央労災病院の再編統合による新病院建設は、基本計画を策定中。市立美唄病院は2月末で基本設計が完了し、市立三笠総合病院や浦臼町立診療所もそれぞれ建て替えの意向を示している。民間の大型病院では、日本赤十字社が近く栗山赤十字病院改築の基本・実施設計に着手する予定だ。

■岩見沢市

 9条西7丁目2にある1984年建設の市立総合病院は、S造、地下1地上6階の本館と8階の新棟など合わせて延べ3万931m²の規模で、484床ある。4条東16丁目5にある55年建設の北海道中央労災病院は、RC造、地下1地上6階、延べ2万4123m²の規模で、199床の規模。いずれも建て替えが必要な状態で、協議の結果、再編統合が決まった。市が新病院の設置・運営主体となり、2027年4月開院を目指している。

 新病院の機能、規模、整備手法、建設候補地などを盛り込む基本計画は9月末までの完了予定。整備スケジュールは、入札など従来方式の場合、23年9月末までに基本設計、24年9月末までに実施設計を進め、24年10月にも着工を見込んでいる。DB(デザインビルド)方式やECI方式などを採用の場合は、整備スケジュールを変更する可能性があるとする。

■美唄市

 市立美唄病院は現地建て替えで、建設地は美唄市西2条北1丁目1259の2。基本設計は2月末までの予定で大建設計が進めている。概算事業費に35億円を試算する。

 規模はRC造・軽量S造、3階塔屋1階、延べ6404m²。一般病床43床(地域包括ケア病床15床)、療養病床32床、人工透析30床となっている。

 実施設計・施工は一括発注のDB方式を予定。22年度早々にも公募型プロポーザルの公告をし、7月ごろ業者を選定する見通し。23年度早々の着工、同年度内の完成を想定する。現病院の解体と外構の実施設計と施工は、それぞれ別途発注を見込む。

■三笠市

 老朽化が進む市立三笠総合病院を建て替える。宮本町489の1にある同病院は64年6月建設の本館(RC造、地下1地上6階、延べ6230m²)、68年5月建設の精神科病棟(RC造、2階、延べ1299m²)、86年10月建設の新館(RC造、地下1地上6階、延べ4623m²)の3棟で構成。建設地は現在地を含む4カ所を候補に検討する。

 基本構想・基本計画策定は22年度早々にも着手。業務期間は1年半程度を見込む。基本・実施設計は23―24年度に1年半程度、施工は25―26年度の2カ年で想定。設計や施工業者の選定方法は、基本構想や基本計画の中で固め、27年度中の開院を目指す。

■浦臼町

 老朽化が進む町立診療所を建て替える。建設地は敷地内の車庫を解体した跡地を想定。23年度以降の設計着手を目指す。

 ウラウシナイ183の181にある現在の町立診療所はRC造、2階、延べ1145m²の規模。78年建設で、91年にリハビリ棟を増築した。

 新診療所はRC造、平屋で、延べ床面積は現施設より縮小する考え。車庫解体から診療所改築まで、単年度での完了を想定し、着工年度などの詳細を詰めている。

■栗山町

 日本赤十字社(本社・東京)は朝日3丁目2の現病院(RC造、5階、延べ8765m²、136床)の建て替えを計画。新病院はRC造、4階、延べ8100m²の規模で、病床数は104床を想定している。

 町は栗山赤十字病院と費用負担の協定を締結。事業費に町の補助金を充て、一般財源は建設後30年間にわたり、日赤側が負担する。

 病院新築と既存病院解体の設計・監理は、公募型プロポーザルで委託先に石本建築事務所を選定。設計を24年6月までに完了し、24年7月に着工、25年内に竣工の見通し。既存病院は26年9月までに解体を完了する。

 長沼町は老朽化が進む町立長沼病院の建て替えを検討。中央南2丁目2の1に位置する同病院はRC造、4階、延べ4050m²の規模。75年建設で、一般病床84床(24床休床中)を備え、病院3階には病床を一部転換した町立介護療養型老人保健施設「いこい」を設けており、両施設の整備について並行して協議を進める考えだ。


関連キーワード: 医療福祉 病院 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,089)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,705)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,223)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,753)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,424)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。