栗山から夢のJ1へ 元Jリーガー・矢野哲也社長に聞く

2022年02月11日 10時00分

プロサッカーチーム BTOPサンクくりやま 発足 4年で昇格目指す

 誕生4年でJ1リーグへ。大胆な構想を掲げたプロサッカーチーム「BTOPサンクくりやま」が1日、道内で発足した。2021年設立のBTOP(ビートップ、本社・札幌)が、栗山町を本拠とする社会人チーム「サンクFCくりやま」の運営をNPO法人サンクスポーツクラブから引き継ぎ、プロ化した。元Jリーガーの矢野哲也BTOP社長(37)に事業の構想を聞いた。

矢野哲也社長

 ―どんなチームか。

 監督に、北海道コンサドーレ札幌U―18に所属してU―17日本代表にも選ばれた杉山雄太が就く。総監督は以前群馬の「ザスパ草津チャレンジャーズ」にいた西野虎太郎が務める。2人とも24歳で監督として全国最年少だ。彼らの元に、J1での活躍を目指す若い選手が全国から集まってきた。現時点で23人とプロ選手契約をする。

 BTOPは、北海道からの四半世紀ぶりのJリーグ参入を実現する目的で、美容室チェーンを展開する芭里絵(本社・札幌)やシステム開発のフィーリスト(同)など7社・団体の協力で設立した。

 ―驚異的なスピードでのJ1昇格を掲げる。

 前身のチームが道央リーグで優勝していて、ことしの北海道リーグに出場する。ここで優勝して全国地域サッカーチャンピオンズリーグに駒を進め、23年度にJFL昇格、24年度J3、25年度J2、そして26年度にJ1という計画だ。

 にわかに信じてもらえないような高い目標だが、道外には「ロアッソ熊本」が発足4年でJ2に上がった実例もある。不可能ではない。選手たちも同じ夢を見て集まっている。

 ―J1にはすでにコンサドーレがいるが。

 プロチームが複数ある県は珍しくない。本道なら人口から言えばJ3以上に5チームあってもおかしくないぐらいだ。本格的なチームが複数あると応援がより盛り上がり、選手に憧れる子供も増えて競技の裾野が広がる。優れた選手の道外流出も抑えられる。

 J1昇格は単に試合に勝つだけでなく、運営企業の経営安定度や、ファンの規模なども問われる。北海道を活性化することになると信じている。

 ―矢野社長は札幌出身の元Jリーガー。どんな経緯で今に至るのか。

 中学でU―15日本代表候補になり、北海高校時代は国体北海道代表としてベスト8に入った。卒業後に柏レイソルに加入したが出場機会が得られず、その後JFL、北海道リーグでプレーして23歳で引退した。それからはリクルート北海道じゃらん、農業などいろいろな経験を積んだ。元選手ではあるがBTOPではフロント業務に徹し、監督の采配に口を出すことはない。

 ―スポンサー集めは順調か。

 まだこれからだ。私たちはサッカーはもちろん、前運営団体から地元住民向けのスポーツ指導事業を引き継いでいて、今後は福祉施設訪問、リサイクルできるグッズの開発販売、防災拠点に使えるスタジアム建設など、SDGsへの貢献も進める。スポンサー企業の協力を仰ぎながら、地域から応援してもらえるプロチームに育ちたい。

 矢野哲也(やの・てつや)1984年5月生まれ、札幌出身。SSS札幌サッカースクールで競技を始め中学卒業まで在籍。北海高校卒業後J1の柏レイソル加入。JFL、北海道リーグでもプレーし、2007年に選手引退。リクルート北海道じゃらん勤務、農業などを経て1月から現職。


関連キーワード: スポーツ 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。