Construct Hokkaido

This page shows articles that have appeared in the Hokkaido Kensetsu Shimbun (Hokkaido Construction Journal) that have been translated into English.

More articles in English here.

Price of Sakhalin Fir Logs Rises by 200 Yen – March 2022 Hokkaido Lumber Market Report by Hokkaido Government’s Department of Fisheries and Forestry

2022年05月20日 13時00分

The Hokkaido Government’s Department of Fisheries and Forestry has compiled a report on the prefecture’s lumber market for March 2022. In it, Hokkaido’s average price for 1 m3 of lumber is calculated. In terms of materials, the price of large Sakhalin fir logs with a diameter of 30 to 38 cm and a length of 3.65 m rose 200 yen from the previous month to 13,700 yen. In lumber, the price of Yezo spruce and Sakhalin fir lumber (A- II), 10.5 cm each in thickness and width and 3.65 m in length, increased 400 yen from the previous month to 62,700 yen.

The price of Japanese larch packing material increased 600 yen from the previous month to 34,200 yen. The price of oak lumber board, which is surveyed every three months, was up 12,000 yen from the previous quarter to 236,000 yen as of the January survey.

Compared to the beginning of FY 2021, the price of large Sakhalin fir logs has risen by 900 yen, and that of Yezo spruce and Sakhalin fir lumber (A- II) has increased by 6,600 yen. Meanwhile, the price of Japanese larch packing material rose by 3,200 yen. In all cases, the pace of price increases has accelerated since the summer in response to the elevated demand for Hokkaido lumber due to the 2021 lumber shortage.

Regarding the market trend, the Department of Fisheries and Forestry is concerned about the shortage of Sakhalin fir logs due to the difficulty of removing them from the mountains, while the inventory of logs is growing. They expect prices to remain high or rise slightly. Although orders for Yezo spruce and Sakhalin fir lumber have been slow due to lower construction demand in winter, prices are expected to maintain or even increase in the future. Demand for Japanese larch packing materials is strong, but production is not fully meeting demand, so prices are on a slight upward trend.

(Excerpt from an article on April 27, 2022)

日本語原文(The following is the original text written in Japanese.)

道水産林務部の22年3月道内木材市況 トドマツ丸太が200円上昇

 道水産林務部は、2022年3月の道内木材市況をまとめた。1㎥の全道平均価格を算出。素材では、直径30-38cm、長さ3.65mのトドマツ(大丸太)が前月から200円上昇の1万3700円となった。製材では厚さと幅が各10.5cm、長さ3.65mのエゾマツ・トドマツ材(甲Ⅱ)が前月比400円増の6万2700円だった。

 カラマツ梱包(こんぽう)材が前月比600円増の3万4200円と値上がり。3カ月ごとに調査しているナラ製材板は1月の調査時点で前期比1万2000円増の23万6000円となっている。

 21年度当初から見ると、トドマツの大丸太が900円、エゾ・トド材の甲Ⅱが6600円上昇。カラマツ梱包材は3200円上昇。いずれも、ウッドショックによる道産材の需要増加に伴い、夏ごろから価格の上昇ペースが加速している。

 同部は市況の動向について、トドマツの原木在庫は増加傾向な一方、山からの搬出難による不足を懸念。価格は高止まりかやや上昇とみている。エゾ・トド材は冬場の建築需要減で受注は落ち着いているものの、今後の価格は維持か上昇するとの見通し。カラマツ梱包材は需要が旺盛だが、生産が対応し切れていない現状から価格はやや上昇傾向とした。


Construct Hokkaido 一覧へ戻る

More articles in English here.

Contact us

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。